三国志大戦3 むむむ日記

横山三国志が大好きな君主の日記ですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ver3.00 八卦考察

こんばんは☆

大戦1週間テストでしたがやっと大戦できました!

昨日3戦と今日1戦してきました

基本全国でなく店内なんですが^^;

全国では未だに8品ですが

今日は「八卦」の4枚デッキと戦略についていろいろ書いてみます!

ではでは続きへ


まずは「八卦の戦計」の効果について

効果時間10.5c 自身含まず

1部隊 → 武力+2 兵力回復200%

2部隊 → 武力+5 移動速度2倍

3部隊 → 武力+4 計略の対象にならない

4部隊以上 → 武力+3 兵力が除々に回復



・効果時間についてはもっとも長い10.5C!長すぎます!
 この効果時間の長さで大徳・手腕にも先掛けでも対抗できます
 もしお互いが(八卦と大徳)ぶつかり合いを避けたとしたら2Cほどこちらが有利に立てます
 そうみてみると異常なほど長いです
 この長い長い効果時間を活かして戦っていくことが基本となります

・さらに士気12まで溜めることができれば2度掛けできます!
 ほかのデッキと違うことは2度掛けできるかが決定的な違いです
 士気12使いますが武力+10の最大武力20と19の2倍速の武将が2体できます

・また枚数による計略の変化!
 例え1枚になろうと枚数による効果の減少がありません
 ですが計略の対象にならないという3部隊掛けがしたいのに
 2枚がけしかできないという短所もありますので一長一短ですね(´・ω・`)



続いて「枚数による計略の効果の変化とその対策」について書きます!


・1部隊 → 武力+2 兵力回復200% 10.5c

似たような計略が他にもあったような・・・?

 馬黄忠 武力+3 兵力回復200% 効果時間7.5c

(゜д゜;)・・・八卦が負けてる・・・

同じ士気6使うのに八卦が武力1だけ負けています・・・

しかし、黄忠の武力10と兵力200%を比べると
(大抵5枚八卦に入っている)2.5コスト張飛武力12の兵力200%のほうが粘れます

まともにぶつかり合ってきたときは車輪の伝授と合わせて城門を叩きます


*対策*

八卦のかかった張飛はダメ計で吹っ飛ばしてやりましょう!(もしくは妨害系)



・2部隊 → 武力+5 移動速度2倍

これは神速戦法の上位互換だと考えます

1部隊は騎馬にかけ、もう1部隊は槍に掛けます

2部隊掛けは殲滅力が高いですが槍兵でも刺さりますので注意!


*対策*

槍をむけて牽制しておきます

2倍速の槍兵は迎撃をもらうのでむやみに自分の槍を乱戦させないようにします

2部隊掛けなので他の武将は武力が上がっていないのでそこを狙います!

武力のあがっていない他の武将を狙い1匹ずつ倒してしまったほうがいいです



・3部隊 → 武力+4 計略の対象にならない

一番八卦にいる計略だと思います。これがなきゃ八卦と呼べない!

英傑号令には武力で負けていますが3部隊掛けはダメ計・妨害・雲散がききません

流行の求心にも対抗できます!

SR姜維とは比べないであげてください(´;ω;`)


*対策*

英傑号令・超絶強化などの武力UPで対抗!

速度UPも有効!

軍師の陣略は効きますのでそちらでの対抗も良いです



・4部隊以上 → 武力+3 兵力が除々に回復

5枚以上のデッキのみ使えます

4部隊で徐々に回復なのでVer2より回復の恩恵が受けづらくなっています

体感でも回復量は回復の舞くらいです

はっきり言って他の英傑号令に潰されますw

これは2度掛けに効果を発揮して、3部隊掛けと4部隊掛けで

武力+7・計略無効化・回復の舞!?=落城!(可能性大)


*対策*

2度掛けされないように士気6くらいで攻め

士気12を溜めさせないか士気差を作るようにする





次は「全体的な八卦の対策」です!

・超絶強化(Ver2・武力+8・速度2倍)がないため相手の超絶強化が苦手

・伏兵を中盤まで隠されると計略無効化にしても大きなダメージを食らってしまう

・諸葛亮を最後に倒されることで2度目の八卦を遅らされること

・端攻めをすることで、計略範囲に武将を入れれなくなることや
1.5コストが戻らなければならないこと

・士気3・4での計略を打たれることでこちらも計略を使ってしまい2度掛けを防止されること

・大抵の八卦は槍3馬1・2なので移動速度が遅いことをつかれること



最後に「八卦の苦手デッキ」です!

八卦のいろんな計略3・4つと蜀の多彩な計略をもつ武将3・4人合わせて6・8の計略を使えるのでどんな敵を相手にしても有利に戦うことができるデッキだと思います

その中でも苦手デッキをあげれば「手腕粘りデッキ・激励粘りデッキ」です

とにかく粘りに勝てませんw軽士気計略されるときついです

8品ですので八卦を使って戦った試合が少なく、粘り入り呉以外に負けていないので苦手デッキをあまりあげれないのです

もう少し経験をつまないと(´・ω・`)


軍師についてはいろいろとあるので省略します


あと自分が使う八卦は4枚(LE諸葛亮・SR馬超・R魏延・UC張飛・軍師C糜竺Lv7)なので考察に偏りがあると思います

5枚デッキは使ったらまた書こうとおもいます(要望があればw)


長くなりましたが今日の記事が八卦を使っている君主、八卦撲滅したい君主にも少しでも参考になることがあればいいなぁ(`・ω・´)


ではでは、また~☆



テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

コメント

こんばんわー^^

きゃー!
フォルツァさん八卦考察書いて下さって…
ありがとうございます(。´Д⊂) !
(私の為ではないと思いますがめちゃくちゃ参考になりますw)

八卦って…

計略時間ナガーーー…ですね^^;
何気に求心よりも長いなんて…知りませんでした;
そりゃ孔明の計略ですものね(ノω・、) 長くなきゃ、って感じです。
いやしかし、部隊数に応じて対応できる八卦はやっぱり強いなーと思いました。
士気12溜めさせないことが大事なんですね~!
確かに、こちらが低士気の計略を使って攻めれば、
相手を少し翻弄できるかもですね^^v

まぢ参考にします!
今度八卦にあたったら思い出して挑んでみます。
ありがとうございました☆またきまーす!

  • 2008/01/30(水) 17:58:26 |
  • URL |
  • みやぎ #EBUSheBA
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://siropandakuropanda.blog26.fc2.com/tb.php/13-3138ad5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。